インプラント治療ってどうなんだろう

どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、不断のケアが求められます。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが必須条件です。インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが十分でないと歯周病などのリスクが増します。
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。

その耐用年数は、生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。
ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、それだけインプラントの使用可能年数も左右されてしまうのです。